ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

コラム WHOハンセン病制圧大使:笹川陽平活動記

Vol.13 2016.4.4

【特別対談】ヴァガヴァタリ・ナルサッパ(APAL会長)

インドのハンセン病患者、回復者、その家族の生活環境の向上と、社会的権利の獲得のために活動するAPALの会長を2012年からつとめる、ヴァガヴァタリ・ナルサッパさんと対談を行いました。

9歳の時に発病して以来、激しい貧しさと差別の中を生き抜いたナルサッパさんは、現在では約850のコロニー(ハンセン病回復者村)の人たちが加盟する団体の代表として、インドの政治経済界のリーダーたちの前に立ち、患者、回復者の窮状を訴え、社会的・経済的な支援がなされるように努めています。

自身の過去を包み隠さず話し、世界に変革をもたらす立派な指導者のお話を聞くことができました。

Staff Credits
総合演出:浅野直広 / ディレクター:松山紀惠 / プロデューサー:浅野直広、富田朋子 / GP:田中直人 / 海外プロデューサー:津田環 / AD:渡辺裕太 / 撮影:西徹 / VE:岩佐治彦 / 音響効果:細見浩三 / EED:米山滋 / MA:清水伸行 / コーディネーター:木村ひろみ
制作:テレビマンユニオン

他のコラムも読む

previous
next