ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

日本のハンセン病療養所

ハンセン病傷痍軍人のためにつくられた、東海北陸地区唯一の療養所

全国に13カ所ある国立ハンセン病療養所のなかでもっとも新しく、ハンセン病傷痍軍人のための療養所として開所。日中戦争のさなか、ハンセン病のために内地に送還される傷痍軍人が増加、その処遇が問題になっていた。1944(昭和17)年に管制告示され、翌年初めての患者が入所したが、戦時中の資材・人材不足の影響もあり建物は未完成だった。

敗戦後、全国のハンセン病療養所の傷痍軍人が療養所建設部隊として募集され、ようやく建設が着工された。その後、おもに東海三県(静岡・愛知・三重)および神奈川・山梨県などの一般患者も入所。入所者数は開所以来のべ1300名、1956(昭和31)年には470名を超える入所者がいたが、その後減少を続け、2015年現在は約60人となっている。

富士山を仰ぐ箱根外輪山の中腹に位置し、四季折々の景観が楽しめる一方、敷地は急峻な起伏が多く、開所期の入所者の苦労もしのばれる。見学では綿打ちや木工の作業場、少年少女舎跡、貯水槽と井戸、火葬場跡、解剖室跡、監房跡などをめぐることができる。

国立療養所 駿河療養所

http://www.nhds.go.jp/~suruga2/

〒412-8512 静岡県御殿場市神山1915
Tel. 0550-87-1711 / Fax.0550-87-1921

アクセス:

JR御殿場線岩波駅から車で10分(ただし正門まで。正門からふれあいセンターや自治会まで、さらに車で5分)

資料展示室(駿河ふれあいセンター)

ハンセン病について、「正しい知識と理解をもつこと」「そして私達とふれあうこと」を目的に、2006(平成18)年、国立駿河療養所准看護学校の建物を活用して開館。その1階に、駿河療養所の歴史と入所者の暮らしなどを紹介する展示室がある。ほかに、会議・研修のための講義室、宿泊施設がある。

資料展示室(駿河ふれあいセンター)

アクセス、連絡先は国立駿河療養所(上記)に同じ

開館時間
9:00〜16:00(平日)
休館日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)は休館

国立療養所 駿河療養所にまつわる人々

  • 駿河療養所 フィールドワークとハンセン病文学読書会

写真で見る「国立療養所 駿河療養所 / 資料展示室(駿河ふれあいセンター)」