ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

Leprosy Sanatoriums & Resource center in Japan / 日本のハンセン病療養所・資料館

Oshima Seishoen

大島青松園

香川県

瀬戸内海に浮かぶ
面積61haの島にたたずむ

1909年(明治42年)、中・四国8県(岡山、広島、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知)連合、第4区療養所として開設。当初の名称は「大島療養所」といい、管轄は香川県知事、病床数は200床であった。大島は高松港からおよそ8㎞、庵治港からおよそ5㎞に位置しており、西には鬼ヶ島(桃太郎伝説)のモデルになったと言われる女木島、南には源平合戦の舞台となった壇ノ浦、そして東には『二十四の瞳』の舞台となった小豆島を臨むことができる。

1941年(昭和16年)に管轄が厚生省に移管されると同時に「国立らい療養所大島青松園」と改称、太平洋戦争後の1946年(昭和21年)にはさらに「国立療養所大島青松園」へと名称をあらためて現在に至っている。

大島は2010年から始まった「瀬戸内芸術祭」の開催地でもあり、島内には大島青松園の施設を利用したアート展示なども設けられている。青松園の旧跡をめぐりながらハンセン病に関する歴史を学ぶガイドツアーなどもあり、芸術祭会期中には日本国内だけでなく、海外からも多くの見学者が訪れている。

国立療養所 大島青松園のあゆみ

  • 1909年(明治42年)

    中・四国8県(岡山、広島、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知)連合、第4区療養所として開設

  • 1941年(昭和16年)

    管轄を厚生省に移管、名称を「国立らい療養所大島青松園」に改称する

  • 1946年(昭和21年)

    「国立療養所大島青松園」へ名称変更

国立療養所 大島青松園

http://www.nhds.go.jp/~osima/

〒761-0198
香川県高松市庵治町6034-1
Tel. 087-871-3131 / Fax. 087-871-4821

アクセス:

JR予讃線高松駅下車 高松港・県営第一浮桟橋より官有船にて約20〜25分

写真で見る「国立療養所 大島青松園」