ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

Books on Leprosy / ハンセン病図書室

ハンセン病と民俗学—内在する差別論理を読み解くために

ハンセン病と民俗学—内在する差別論理を読み解くために

今野 大輔 
皓星社 2014年発行

解説

著者は「国の隔離政策」「医療従事者の言説」「一般の人々の間の民間伝承」の三柱が相互に影響し合った結果、日本におけるハンセン病差別が強化されてきたと指摘、調査・検証を行っている。とりわけ民間伝承の分野では、ハンセン病を示す各地の方言、罹患者の放浪生活や集住生活の状況、婚姻忌避や特殊埋葬の実情などさまざまなテーマに対して民俗学的な視点からのアプローチを展開。国家の隔離政策以前より連綿と続く差別感情の淵源に迫り、国の方針や専門家の言説によってどのように変遷してきたかを明らかにする。気鋭の民俗学者による労作。