ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病図書室

吹雪と細雨—北條民雄・いのちの旅

吹雪と細雨—北條民雄・いのちの旅

清原 工 
皓星社 2002年発行

解説

「私は、生の痕跡を留めることができた人の生涯に、羨望を禁じ得ない」。文壇に華々しく現れるも早逝した作家・北條民雄。本書は北條の史跡、資料を訪ね歩き、声なき声に耳を傾けながら、「いのちの原郷」について思いを巡らした評論エッセイ。情感のこもった文体に、この作品にかける筆者の渾身の思いが滲んでいる。地理的、時間的な隔たりを超えて、自分の存在とは何かを問う、紀行文学としても秀逸な一冊となっている。