ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病図書室

木下晋画文集 祈りの心

木下晋画文集 祈りの心

木下晋 
求龍堂 2013年発行

解説

鉛筆によるモノクロームの肖像画や合掌図で高い評価を得てきた画家、木下晋が、徘徊癖のある老いた母や瞽女の小林ハルらとともに肖像画のモデルに選んだのが、栗生楽泉園に暮らす元ハンセン病患者、桜井哲夫だった。木下は、重症のハンセン病のため大きく変形した桜井の姿を正面から克明に描き、見る者の魂をえぐるような作品に仕上げていった。本書には、その成果の多くが結晶している。2012年開催の全国巡回展の公式図録兼書籍。