ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病図書室

孤高の桜―ハンセン病を生きた人たち

孤高の桜―ハンセン病を生きた人たち

井上佳子 
葦書房 2000年発行

解説

本書は、熊本放送局で元ハンセン病患者たちの談話を伝えるラジオ番組を制作し大きな反響を呼んだディレクターによる5年間の取材記録である。〝始めは何も知らなかった〟と著者自ら語るように、率直なアプローチがかえって元患者の苦悩や哀しみを浮きぼりにし、その深い人間性を捉えている。断種政策の残酷さや母子の絆を描いたくだりには、女性ならではの視点が活かされている。望郷や母への思慕の普遍性を呼び覚まし、強い感動を与える一書である。