痛みも、希望も、未来も、共に。

  1. TOP
  2. アーティスト・芸人・俳優
  3. ザ・ぼんち
漫才コンビ
The Bonchi

ザ・ぼんち

こんにちわ。ザ・ぼんち、里見まさとでございます。ぼんちおさむです。こんにちわ。あのう、非常に重い話の事でございますんで、軽々にはちょっと言えませんけども。まず、僕からちょっと言わしてもろていい?いい大人になっておりますんで、ハンセン病なるもので苦しんで来られた方々が今も、まだこれからも平等やとは言いながらも、これからもそういう病にかかってまう方が出てくるわけですけども。ただしこのハンセン病なるものが、昔のように不治の病というか、ましてや人にうつるというようなことが、今はもう全く無いというのを、大人として僕は強い気持ちで、これから未来の方に伝えていかなアカンな、と正直思ってます。

僕らも小さい頃からね、このハンセン病というのはよく耳にし、聞き、そして映画も見てました。「砂の器」というやつでね、すっごい差別受けてね、隔離されて、それであの、出産するのもままならない。出産したらダメやみたいなこと言われて、本当にひどい仕打ちを受けられて。そのころは本当にもう、治らない、と。先ほど相方言ったように、治らない病となってましたが、今となってはずいぶん前からですね、もう本当に感染してもあの、ちゃんと治るお薬も出てる、もう出来てるんで。もうこれは別にね、みんなが避けて通るところじゃなくて、みんなが前から手を出して握手をして、「がんばってください」とか、そう言えるような感じで我々も接して行きたいと思います。ひとつあの、そういう方に対して差別の無いように、皆さんよろしくお願いします。では、せーの。THINK NOW ハンセン病!

このメッセージに共感したら是非いいねをお願いします!

このキャンペーンに参加するには? How to send a message

みなさまからのメッセージ動画を集めて、当ウェブサイト上で発信します。
ハンセン病差別の撤廃に向けて、みなさまのご参加をお待ちしております。
よくあるご質問
  1. [1] スマートフォンなどで動画を撮影

  2. [2] 動画をYoutubeかInstagramにアップ

  3. [3] 動画のリンクをお送りください

    動画投稿フォーム

    メールで送る場合

    日本財団コミュニケーション部
    photo@ps.nippon-foundation.or.jp
    ※メールの件名を「ハンセン病動画」とし、
    本文にお名前と肩書きを明記してください。

Leprosy.jpは、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION