ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

News新着情報

アートユニットuwabamiによる市民参加型アート「国立療養所のいま~秋・多磨全生園~」の実施について

Topics 2015.10.30

uwabami11月3日(祝・火)に国立療養所多磨全生園において開催される「全生園まつり」で、「THINK NOWハンセン病」のイベント、アートユニットuwabamiによるライブペイントが実施されます。
「全生園まつり」は、多磨全生園の文化祭として、地元市民との交流を目的に、模擬店の出店和太鼓、バンド演奏など数々の催しが披露され、毎年、2,000人以上の多くの方でにぎわいます。
その会場の中心で、uwabamiがライブペイントを実施。お祭りに来られている方々を描き、ハンセン病回復者と市民が「垣根のない交流」を行っているアート作品を完成させます。

uwabami-2

「全生園まつり」にお越しの際は、アート作品の登場人物として、ぜひ参加してください。

期間:2016年11月3日(火・祝)
会場:多磨全生園(東京都東村山市青葉町4-1-1)
http://www.nhds.go.jp/~zenshoen/
開催時間:9時50分~14時30分

【本イベントに関する問い合わせ】
公益財団法人人権教育啓発推進センター事業第7グループ
東京都港区芝大門2-10-12KDX芝大門ビル4階
TEL:03-5777-1802 /E-mail:arita@jinken.or.jp

「THINK NOWハンセン病」は、一人でも多くの人がハンセン病への理解を深め、偏見や差別について考える機会を作るための運動です。

その一環として、2016年1月26日(火)に「グローバル・アピール2016」の開催が決まりました。
グローバル・アピールについてはこちらをご覧ください。
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/leprosy/advocacy/

イベントなどの情報の詳細が決まりましたら、今後leprosy.jpで順次公開していきます。
今年の様子はこちらからご覧いただけます。
http://leprosy.jp/ga2015/