ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

News新着情報

WHOハンセン病制圧大使であり日本財団会長である笹川陽平氏が“The WHO Medal”を受賞

Topics 2017.4.26

DSC_03682017年4月19日、世界保健機関(WHO)主催の国際会議において、WHOハンセン病制圧大使であり日本財団会長である笹川陽平氏が、長年ハンセン病制圧のために尽力してきたことに対して、マーガレット・チャンWHO事務局長から、“The WHO Medal”を授与しました。

HealthForAll“HEALTH FOR ALL”と刻まれたゴールドメダルを渡され、約400人の出席者からスタンディング・オベーションで祝福を受けました。

受賞のスピーチで笹川氏は「この栄誉と喜びを、共に活動していただいた方々一人ひとりと分かちあいたい。そして、 今後も持続的な活動のために多様な関係者を巻き込んでいきたい」などと述べました。

この模様と笹川氏の受賞スピーチは以外のURLからご覧いただけます(2時間37分あたりからです)。
http://www.who.int/neglected_diseases/global-partners-meeting/live-streaming/en/

(*)正式な会議名
Global Partners Meeting on NTD(Neglected Tropical Diseases=顧みられない熱帯病)