Democratic Republic of the Congoコンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国は2008年にWHO(世界保健機関)が定めたハンセン病患者が国レベルで人口1万人あたり1人未満という制圧目標を達成している。しかし、ハンセン病の新規患者数はアフリカで1番目で世界でも4番目に高い。そして、広大な国土をもつこの国は依然として有病率の高い高蔓延地域があることが問題となっている。

The Democratic Republic of Congo achieved the elimination of leprosy as a public health problem (defined by the WHO as a prevalence rate of less than 1 case per 10,000 people) in 2008. But it reports the highest number of annual new cases in Africa, and the fourth highest in the world. With a vast land mass, the DRC has high-endemic areas where leprosy remains a problem.