痛みも、希望も、未来も、共に。

  1. TOP
  2. その他
  3. 田中 ウルヴェ 京
メンタルトレーニング上級指導士
Miyako Tanaka-Oulevey

田中 ウルヴェ 京

田中ウルヴェ京です。ハンセン病について初めて知ったのは、小学生の時、宗教の授業中です。聖書を通して学びました。でもそれ以来、あまりこの病気について考えることはなかったです。この「考えることがない」これこそが我々の社会における差別の始まりです。差別の中で最も危険なことは、私たちが、いつの間にか、誰かを、無意識に差別をするということです。もしも、自分が、自分の大事な人が、ハンセン病になったら、どう感じますか。すでに病気で苦しんでいるのに、言われのない差別を受けたら、どう感じますか。THINK NOW ハンセン病。

このメッセージに共感したら是非いいねをお願いします!

このキャンペーンに参加するには? How to send a message

みなさまからのメッセージ動画を集めて、当ウェブサイト上で発信します。
ハンセン病差別の撤廃に向けて、みなさまのご参加をお待ちしております。
よくあるご質問
  1. [1] スマートフォンなどで動画を撮影

  2. [2] 動画をYoutubeかInstagramにアップ

  3. [3] 動画のリンクをお送りください

    動画投稿フォーム

    メールで送る場合

    日本財団コミュニケーション部
    photo@ps.nippon-foundation.or.jp
    ※メールの件名を「ハンセン病動画」とし、
    本文にお名前と肩書きを明記してください。

Leprosy.jpは、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION