ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Elimination

News新着情報

【ハンセン病の現場にレンズを向けて】エチオピア それでも、自分の足で歩くために 公開しました。

Topics 2016.7.7

エチオピアのハンセン病回復者団体、ENAPAL(エナパル)。そのENAPALが今もっとも力を注ぐのが「マイクロクレジット(小口融資)」という就労支援への取り組みです。これにより、エチオピアでは回復者が仕事を持ち、社会復帰を果たす動きが高まっています。しかしその一方で、未だに仕事を持てず、貧困に喘ぐ回復者も後を絶ちません。 彼らの明暗を分けるものとは、いったい何なのでしょうか。 社会復帰に向けて奮闘する、回復者たちの姿にレンズを向けました。