ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Elimination

News新着情報

【ピープル/ハンセン病に向き合う人々】北 高さん(陶芸家・ハンセン病回復者)公開しました。

Update 2016.11.22

1969年、北さんは、長島愛生園の園誌『愛生』に、
「再燃を忘れた火に おれはなりたくないのだ」と綴った。
その40年後、北さんは、作陶展を開催し、
初めて土に触れたときの喜び、窯の中で焼成された陶器の美しさを綴った。
“らい者”となり、身内や社会から受けた過酷な仕打ちも、
療養所での悶々とした日々も乗り越えて、よき師とよき仲間に支えられ、
北さんは、熱さも痛さも知覚できないその両の手で、命の火をつかみ取ったのだ。