ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Elimination

News新着情報

【ピープル/ハンセン病に向き合う人々】 山本英郎さん(邑久光明園 自治会副会長)公開しました。

Update 2017.11.21

「自治会がなにをしているかは知っていましたが、
自分が関わるようになるとは思っていなかったです」。
そう語る山本さんが自治会役員となったのは、
入園から20年近くが経った1979年のこと。
そして架橋運動が、翌1980年から実現へ向けて大きく動き始める。
「人間回復の橋」と呼ばれる邑久長島大橋。
全長150メートル足らずのこの橋は、どんな意味をもっているのか。