ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

日本のハンセン病療養所

豪雪地に位置する 日本最北端の療養所

1909(明治42)年、東北六県および北海道の連合立として、「第二区道県立北部保養院」の名称で設立。当初は油川村(現青森市)に90床の隔離病舎で患者収容を始めたが、同年10月1日に現在の地に庁舎が完成し、移転した。1941(昭和16)年に厚生省に移管され、国立療養所松丘保養園と改称した。

日本で最北端に位置する療養所であり、冬には2メートル以上もの積雪に見舞われるため、かつては入所者による除雪作業が欠かせなかった。収容患者数のピークは1958(昭和33)年の950床で、その後入所者数は次第に減少。2016年9月現在の入者数は90人を割り込んでいる。

春には園入口の樹齢100年を超す桜並木の景観が、秋には敷地周辺のたくさんの栗の実りが、周辺地域の人びとを喜ばせている。いずれも入所者によって植えられたものである。地域社会に役立ついっそう開かれた場となるべく、将来構想も進められている。

のあゆみ

  • 1909年(明治42年)

    東北六県および北海道の連合立として、「第二道県立北部保養院」の名称で設立。当初は油川村(現青森市)に開設、その後まもなく現在の地に移転。

  • 1941年(昭和16年)

    厚生省に移管され、国立療養所松丘保養園と改称。

国立療養所 松丘保養園

http://www.nhds.go.jp/~matuoka/

〒038-0003
青森県青森市大字石江字平山19
Tel. 017-788-0145 / Fax. 017-788-0148

アクセス:

  • ・JR新青森駅南口から1.5km。徒歩約15分。タクシーで5分。
  • ・東北自動車道青森インターチェンジから約3km、約6分。
  • ・青森空港から約14km、タクシーで約20分。

写真で見る「国立療養所 松丘保養園」