ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

世界のハンセン病

ドキュメンタリー

ひとくちにハンセン病の“現場”と言っても、国によって抱える問題は様々で、それぞれ大きく異なります。またその国の地域によっても事情は異なり、さらに言えば、その地に住む一人ひとりによっても状況が異なります。しかし、どの地に住んでいようと、ハンセン病にかかったほとんどの人は、自分たちの抱える問題について声をあげることができません。紀元前から続く、ハンセン病患者に対する途方もなく長い差別の歴史が、彼らから声を奪ったのです。
私たち取材班は、WHOハンセン病制圧大使である笹川陽平さんに同行し、その活動と世界中の患者・回復者がおかれている現実を記録しました。故郷に帰れず、病院の一角に住みつく人。病気にかかったのは神からの罰だと考え、我が身を呪う人。物乞い以外に、生きる道はないと人生に絶望する人。村八分にされ、まるで世捨て人のように暮らす人。
このサイトの映像は、おそらくほとんどの人が見たことのない、世界でも類をみない貴重なものです。それは差別を恐れてひっそりと暮らす彼らの人生と、これまで一度も口にされることのなかった、彼らの“声なき声”をとらえたものだからです。ハンセン病の現場にレンズを向けて見えてきた世界、どうぞご覧ください。(ディレクター・浅野直広)

世界のハンセン病療養所

ハンセン病はかつて不治の病とされ、隔離以外に有効な感染防止策はないと考えられていました。ハンセン病患者の重い後遺障がいに対する偏見や差別心も伴って、世界中の国々や地域に患者を収容し隔離する療養所がつくられてきました。それらの各国、各地域の療養所には、ハンセン病患者たちが負わされた過酷な宿命を象徴するという意味での共通点がある一方で、風土や宗教や文化の違いを反映して、それぞれ独自の歴史も抱えています。世界のハンセン病療養所の成り立ちと現在を知ることで、人類が長らく抱えてきた病気と差別との闘いの足跡を辿るとともに、それらを乗り越えていった当事者や関係者の知恵や勇気に触れることができるのです。

世界の島は語る

島に隔離された者たちにとって、島は断絶の象徴。人々は周りを囲む海を眺め、故郷を想い、家族を想いました。世界の各地でハンセン病の患者は、大小さまざまな島に隔離され、その断絶に涙し、その中で新たな人生をつかもうと生き抜いたのです。

ファインダーから見た 世界のハンセン病

日本財団の専属フォトグラファーである富永夏子が世界のハンセン病の現場を撮影した写真を国や地域ごとに掲載しています。