ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

世界のハンセン病療養所

笹川記念保健協力財団 元理事 山口 和子

ハンセン病に国境がないように、病む人々は洋の東西を問わず偏見と差別の対象となりました。特に感染症と認識され、治療法がなく隔離が唯一の対応策とされた時代、病者は社会から排除され、ハンセン村や定着村、療養所で生きざるを得なかった歴史も各地で共通でした。隔離の痕跡は島、デルタ、僻地など排除の思想が歴然とした場所に残されています。しかし、70年前に治療薬が現われたことで状況は大きく変化し、隔離の痕跡は次第に姿を消し、その記憶も失われつつあります。

ハンセン病の歴史は、自分たちの社会と個人の歴史に他ならない。よりよい未来を創るために、失われ行くハンセン病の歴史を保存しよう、という動きが世界の各地で起こり始めています。危機感に突き動かされた各地の動きをつなぐために、笹川記念保健協力財団は、世界のハンセン病の歴史保存に関わる人々をつなぎ、連携して取り組むために、インターネット上に世界のハンセン病データベースleprosyhistory.org(国際ハンセン病学会との合同企画)を作り継続的にフォローする体制を整えています。

「世界のハンセン病療養所」と題する今回の企画は、主として上記のデータベースから得られる情報をもとに、病療所の歴史と現状、その地で病み、あるいは治療に関わった人々なども取り上げ、それぞれの療養所が模索する将来のあり方をご紹介しようという試みです。ハンセン病の療養所・村・コロニーなどの総数は世界で1000か所をはるかに超えています。今回の企画では、その極一部を、限られた資料にもとづいて紹介するということになります。何回かに分けてご紹介する予定ですが、ハンセン病が世界に残した足跡のほんの一部に触れるに過ぎないものであろう、と考えています。一部、既出の特集「島は語る」で取り上げられた場所とも重なりますが、敢えて選び、やや掘り下げてご紹介する予定です。

ハンセン病療養所をめぐる記録と記憶の保存は、世界のどこでも待ったなしの作業であり、しかも世間から注目されることの少ない作業でもあります。世界の各地で努力を続ける人々の上に思いを馳せるとき、「ハンセン病は世界をつなぐ」という命題が現実味を帯びて迫ってきます。

本コーナーの情報は基本的にILA世界のハンセン病データベース ILA Global Project on History of Leprosyで取り上られている
国、施設、人物等の該当箇所に記載された情報・文献に依っています。

  • カラウパパ療養所
  • プルリア療養所
  • アグア・デ・ディオス療養所
  • ウズアコリ療養所
  • ロビスコ・パイス療養所
  • エルサレム療養所
  • カーヴィル療養所
  • ウムバキ療養所

水色のアイコン:クリックをすると詳細ページに飛びます。