ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病の現場にレンズを向けて vol.10 エチオピア それでも、自分の足で歩くために

エチオピアのハンセン病回復者団体、ENAPAL(エナパル)。そのENAPALが今もっとも力を注ぐのが「マイクロクレジット(小口融資)」という就労支援への取り組みです。これにより、エチオピアでは回復者が仕事を持ち、社会復帰を果たす動きが高まっています。しかしその一方で、未だに仕事を持てず、貧困に喘ぐ回復者も後を絶ちません。
彼らの明暗を分けるものとは、いったい何なのでしょうか。
社会復帰に向けて奮闘する、回復者たちの姿にレンズを向けました。

本編 29分45秒

“自分の人生を、自分の力で生きる。

ハンセン病の回復者は、社会の差別によって仕事を失い、物乞いとなることが少なくありません。そして物乞いであるが故に周囲の人々から蔑視され、新たな差別を生むという“負の連鎖”が世界中で繰り返されてきました。
しかし近年、エチオピアでは一般の人と共に働き、同じ社会で生活をする回復者が現れています。
そのカギを握るのが、「マイクロクレジット(小口融資)」というENAPALの就労支援への取り組みです。社会から孤立し、仕事を持てない回復者にENAPALが少額の資金を融資。それを元手に回復者自身が商売を始め、生活を立て直し、社会への復帰を目指すというものです。また、回復者が社会に出て働くことで周囲の人々の意識も変わり、彼らに対して敬意を抱くようになります。マイクロクレジットは、回復者の人生を変える大きなチャンスを秘めているのです。
しかし教育や仕事の経験が乏しい彼らにとって、資金を運用し、商売をすることは簡単ではありません。それでも回復者たちは、自分の人生を、自分の力で生きていかなければなりません。 彼らが乗り越えるべき“壁”は、想像以上に高く、分厚いものでした。

keypersons

  • 「夢は、ハンセン病のない社会を実現すること」ビルケ・ニガトゥ (回復者組織「ENAPAL」前会長・回復者)

    現在56歳のビルケさんは、6歳の時にハンセン病を発症しました。母親はショックで寝込み、祖母は“神罰”と誤解し、聖水や魔女探しに明け暮れました。正しい治療方法を知った後も、家族は周囲の差別を怖れ、通院することを許しませんでした。ビルケさんはそんな家族と縁を切り、きちんと治療をするために単身でアディスアベバに移住。以来、家族とは絶縁状態が続いています。
    移住当初は住み込みの家政婦をして働いたビルケさんでしたが、生活は苦しく薬も充分に買えませんでした。病状は日に日に悪化。両手足に重い後遺障害が残ってしまいました。その障害のせいで普通の人間として扱われず、住み込み先の主人から不当な差別や酷い性暴力を受け続けました。
    やがてビルケさんはENAPALに参加。2000年から6年に渡って会長を務め、組織の拡大に大いに貢献します。地方支部を設立するために、自ら田舎へと出向き、回復者一人ひとりを説得。悪路のため車が故障し、一人で野宿をした回数は数え切れません。ビルケさんの任期中、ENAPALの地方支部は17から63に増えました。
    ビルケさんの願いは、ハンセン病のない社会を実現すること。差別のない、回復者が自立して生きていける環境作りを目指して、今日も活動しています。



  • 「働かなければ、欲しいものを手に入れることはできないの」母:ムル・ダディエ(回復者) 長男:タメスゲン・アブラハム

    現在58歳のムルさんは、7歳でハンセン病を発症。家族に迷惑をかけまいと自ら家を出て、孤児院で宣教師と回復者たちに育てられました。幼かったムルさんは、手足に後遺障害のある回復者が作る食事を食べることができませんでした。口にしたら病気が感染し、自分の手足も溶けて無くなると怖れたのです。
    その後、ある回復者夫婦に養女としてもらわれたムルさん。義母からお酒造りを教わります。義母は回復者が一般社会で生きる大変さを痛感していたため、ムルさんに自分と同じ苦労を背負わせたくなかったのです。以来、このお酒造りはムルさんにとって、貴重な“生きる術”となっています。
    若くして結婚、夫と死別したムルさんは、女手一つで4人の子どもを育てました。生活は貧しくなる一方でしたが、子どもたちが家計を支えてくれました。特に長男のタメスゲンさんは学校の後、朝4時まで働くという暮らしを続けてきました。
    2002年、ENAPALが取り組むマイクロクレジットのことを知ったムルさんは、融資金を元手に酒蔵を立ち上げます。彼女の造るお酒はアルコール度数が60度にも関わらず、甘くまろやかな口当たり。たちまち評判となり、暮し向きは見違えるほど向上しました。
    二人の最近の楽しみは、リビングに布団を敷き、寝転びながらDVDを鑑賞すること。一番のお気に入りはサッカー映画です。

Staff Credits

総合演出:浅野直広 / ディレクター:松山紀惠 / 取材:石井永二 / プロデューサー:浅野直広、富田朋子 / GP:田中直人
海外プロデューサー:津田環 / AD:渡辺裕太 / 撮影:君野史幸、西徹 / VE:藤枝孝幸、岩佐治彦 / 音効:細見浩三
EED:米山滋 / MA:清水伸行 / コーディネーター:西山ももこ、藤里衣 / リポーター・日本語版ナレーター:華恵
制作:テレビマンユニオン

他の動画も見る

previous
next
  • vol.1 インドネシア
    島々に横たわる現実を見よ!

    17,000を超す島々から成り立つ世界最大の群島国家、インドネシア。多くの島々では医師や看護師が不足しており、患者の発見と治療が遅れています。また差別に苦しむ患者・回復者も少なくありません。そんな島々の中で、とりわけ患者数が多いと言われるパプア島にレンズを向けました。

  • vol.2 ネパールの国境地帯を往く

    ヒマラヤ山脈をはじめとする山岳地帯が国土の80%を占めるネパール。交通アクセスが悪く医療サービスの普及が遅れている地方では、今もハンセン病が蔓延しています。特に患者が集中しているのがインドとの国境地帯。砂塵舞う僻地に生きる患者や回復者の窮状にレンズを向けました。

  • vol.3 唯一の未制圧国ブラジルの叫び

    ハンセン病の「制圧」とは、人口1万人あたり患者数を1人未満にすることです。WHOがこの目標を掲げてから、世界ほぼ全ての国でハンセン病の制圧が達成されました。しかしブラジルだけが、今もこの目標を達成できずにいます。発展を続ける大国にもかかわらず、なぜブラジルは...

  • vol.4 インド
    回復者の心に火を灯せ!

    世界一のハンセン病大国、インド。新規患者は年間13万人、回復者は1,200万人。その多くが一般社会から排除され、回復者だけが住むコロニーで支え合いながら生きています。閉ざされた世界で、彼らはどのような思いで暮らしているのでしょう。デリーにある、インド最大のコロニーに...

  • vol.5 ルーマニア
    地図から消された故郷への想い

    ルーマニアではこの20年間、ハンセン病を発症した人は一人もいません。人々の間では過去の病気として認識され、病気そのものを知らない人も少なくありません。しかし現状とは裏腹に、陽の当たらない場所で、長年差別に苦しむ回復者たちがこの国には存在していました。ルーマニア...

  • vol.6 今、日本でハンセン病を考えること

    日本の国立ハンセン病療養所で暮らす回復者は1718人。平均年齢は83.9歳。年々その数は減り、悲劇の歴史が忘れ去られつつあります。そんな日本で、ハンセン病への正しい理解を広めるイベント「グローバル・アピール2015」が開催されました。“今、日本でハンセン病を考える...

  • vol.7 もうひとつの現場、
    外交都市ジュネーヴ

    50年に渡り、約70か国のハンセン病の専門病院や療養所を訪ね歩いたWHOハンセン病制圧大使の笹川陽平さん。笹川さんには毎年通う“もうひとつの現場”があります。それは、数多くの国際機関が集まるスイス・ジュネーヴ。世界各国の保健大臣やWHO関係者が集まる外交都市で...

  • vol.8 ポルトガル・スペイン
    つなげ!療養所に生きた先人の魂

    ハンセン病の新規患者がほとんど出なくなった、ポルトガルとスペイン。回復者の高齢化は進み、その数は年々減少の一途をたどっています。ハンセン病が風化しつつある今、両国では療養所が新たな役割を担い始めました。ポルトガルとスペインに残る、それぞれのハンセン病療養所に...

  • vol.9 モロッコ
    制圧、その光と影

    世界でも珍しい徹底した対策で患者数を激減することに成功したモロッコ。しかし患者の数が減ったからといって、社会からハンセン病への偏見や差別がなくなることはありませんでした。家族や周囲から疎外され、なす術もなく孤立を深める患者や回復者たち。モロッコのハンセン病制圧の...

  • vol.10 エチオピア
    それでも、自分の足で歩くために

    エチオピアのハンセン病回復者団体、ENAPAL(エナパル)。そのENAPALが今もっとも力を注ぐのが「マイクロクレジット(小口融資)」という就労支援への取り組みです。これにより、エチオピアでは回復者が仕事を持ち、社会復帰を果たす動きが高まっています。しかしその...

  • vol.11 インド前篇
    物乞い その現実を見つめて

    降り注ぐインドの強烈な日差し。手押し車に座った彼らとその間にさえぎるものは何もありません。患部が目立つ姿勢を作り「お父さん、お母さん、お金をください」と叫んで、他人に手を差し出し続けます。「物乞い」をすることでしか生きていけないインドの回復者たち。彼らは日々何を思い生きているのか。ハンセン病コロニーを3日間密着取材し、彼らの厳しい現実にレンズを向けました。

  • vol.12 インド後篇
    SILF 笑顔で生きる未来のために

    インドの回復者はこれまでの人生で得たものを全て捨て、社会の片隅で身を寄せ合って生きています。家族や故郷、学業や職業を失った彼らに残されたものは、物乞いをするだけの人生でした。笹川陽平さんと日本財団は、インドの回復者が物乞いをすることのなく生きていける社会を実現するために活動しています。その一つが、ササカワ・インド・ハンセン病財団(SILF)です。「物乞い」から、「働いて生きる」。新たな一歩を踏み出した回復者の姿にレンズを向けました。