ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病図書室

世界ハンセン病疫病史―ヨーロッパを中心として

世界ハンセン病疫病史―ヨーロッパを中心として

犀川一夫、石井則久、森修一 
皓星社 2012年発行

解説

ハンセン病医療専門医であり、在宅医療制度の普及や回復者の更生事業、人権回復運動に尽力したことで知られる犀川一夫氏の遺作。晩年に研究していたヨーロッパのハンセン病史を、二人の後進・森修一氏、石井則久氏が書き継ぎ完結させた。戦争や民族の移動、住民の移住、文化の交流によって拡散する疾病の蔓延を阻止するため、苦悩し試行錯誤し、実際に手を染めて身を挺した多くの宗教家、医療人、奉仕者たち、先人の苦闘の跡をたどった。