ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

Books on Leprosy / ハンセン病図書室

深い淵から―ハンセン氏病患者生活記録

深い淵から―ハンセン氏病患者生活記録

堀田善衛・永岡智郎(編) 
新評論社 2003年発行

解説

作家・堀田善衛と心理学者・永岡智郎の編集による療養所入所者の生活記録集。戦後、医療が急激な成長をとげたにもかかわらず、惨憺たる迷信と偏見に晒されるハンセン病への認識を改めるべく本書は生まれた。発病したときの苦難、療養所の生活、戦前と戦後の患者など、各編にそれぞれテーマが分けられており、特効薬「プロミン」で治療される以前のハンセン病患者の生の声が多面的に映し出されている。堀田氏はあとがきに、「人々よ、これらの素直な声を聞いてくれ」とつづっている。