ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

ハンセン病の現場にレンズを向けて vol.6 今、日本でハンセン病を考えること

日本の国立ハンセン病療養所で暮らす回復者は1718人。平均年齢は83.9歳。年々その数は減り、悲劇の歴史が忘れ去られつつあります。そんな日本で、ハンセン病への正しい理解を広めるイベント「グローバル・アピール2015」が開催されました。“今、日本でハンセン病を考えること”の意味を、レンズを通し見つめました。

本編 34分11秒

ハンセン病を考えることは、人間を考えること。

かつては治療法がなかったため、不治の病と恐れられたハンセン病。日本では“ハンセン病の根絶”が国策として掲げられ、患者は社会から強制的に隔離、子どもを作れないよう断種と中絶を強要されてきました。そのため、ほとんどの回復者に子どもはいません。またハンセン病への差別意識は今も社会に色濃く残り、多くの人が療養所での生活を余儀なくされています。他の病気と異なり、ハンセン病の患者は完治してもなお、社会的差別に苦しめられるのです。
「ハンセン病を考えることは、人間を考えること」
その歴史や現状を見つめれば見つめるほど、ハンセン病は私たちに“人間の尊厳”という問題を突きつけます。

keypersons

  • 「学校の窓より見える我が生家 地球のどこより遠き所よ」平沢保治さん(回復者)

    茨城で生まれ育った平沢さんは、14才でハンセン病を発症。「1年で治るから」と医者に勧められ、東京にある療養所、多磨全生園に入りました。しかしそこは監獄や火葬場、納骨堂がある隔離施設。ひとたび足を踏み入れたら、二度と外へ出ることができないところでした。社会や家族から見捨てられた暮らしの中、平沢さんの救いとなったのは母親でした。時間を見つけては、茨城から東京の療養所まで好物のソバを茹でて持って来てくれました。とは言え、刑務所同然の面会所では言葉を交わすことしかできません。一緒にソバを食べることはできませんでしたが、平沢さんにとってはとても大切な時間でした。母親は94歳で他界。平沢さんは死に目に立ち会うことはできませんでした。母親は「ごめんなさい」と言い遺して息を引き取ったそうです。「お前みたいなハンセン病の子を産んで『ごめんなさい』と母は自分を責めていたのかもしれない」と平沢さんは言います。
    現在平沢さんは、ハンセン病の歴史と人間の尊厳を伝える“語り部”として全国の学校を回っています。しかし、故郷・茨城の学校を訪問しても、実家に立ち寄ることはできません。平沢さんの存在が周囲に知れると、今でも家族に差別が及ぶことがあるからです。母親の眠るお墓にも、まだ手を合わせることができていません。

  • 「文壇なんて、なんという幸福な連中ばかりなんだろう。何しろあの人達の体は腐って行かないのだからなあ」故 北條民雄(作家・患者)

    『いのちの初夜』が発表されたのは1936年(昭和11年)。ハンセン病に対する差別が今よりも酷く、患者が書いた原稿に触れると感染すると言われた時代でした。にもかかわらず、北條民雄の才能に惚れ込んだ川端康成は原稿の管理から雑誌の掲載に至るまで、あらゆる面倒をみました。川端は「らい菌の感染力は極めて弱い」ことを知っていたのです。しかし文壇にデビューする際は、北條や家族が差別を受けないよう一切のプロフィールを伏せました。“北條民雄”という名前もペンネーム。(本名が公表されたのは2014年)『いのちの初夜』が芥川賞候補になった時も、川端は選考委員でしたがこの作品に票を入れませんでした。受賞すると、北條の出自が白日の下に晒されるからです。
    日本では、北條のみならず数多くの患者が文学を志しました。多くの療養所で、俳句や短歌、小説の同人誌を制作。ハンセン病のために視力や指先の感覚を失った人は、点字を指で読むことができず、“舌”で読みました。本に何度も舌をこすりつけ、口の中が血まみれになってもなお、言葉を欲したのです。家族から棄てられ、社会とのつながりも一切絶たれ、生きている意味を見出せない。そうした恐怖や不安の中、多くの患者が文学にすがりついたのです。
    北條は、日記にこう記しています。「文壇なんて、なんという幸福な連中ばかりなんだろう。何しろあの人達の体は腐って行かないのだからなあ」(昭和10年12月20日)

Staff Credits

総合演出:浅野直広 / ディレクター:石井永二 / プロデューサー:浅野直広、富田朋子 / GP:田中直人 / 海外プロデューサー:津田環
AD:奥田円、松山紀惠 / 撮影:西徹、君野史幸 / VE:岩佐治彦、藤枝孝幸 / 音効:細見浩三 / EED:米山滋 / MA:轉石裕治
リポーター・日本語版ナレーター:華恵
制作:テレビマンユニオン

他の動画も見る

previous
next
  • vol.1 インドネシア
    島々に横たわる現実を見よ!

    17,000を超す島々から成り立つ世界最大の群島国家、インドネシア。多くの島々では医師や看護師が不足しており、患者の発見と治療が遅れています。また差別に苦しむ患者・回復者も少なくありません。そんな島々の中で、とりわけ患者数が多いと言われるパプア島にレンズを向けました。

  • vol.2 ネパールの国境地帯を往く

    ヒマラヤ山脈をはじめとする山岳地帯が国土の80%を占めるネパール。交通アクセスが悪く医療サービスの普及が遅れている地方では、今もハンセン病が蔓延しています。特に患者が集中しているのがインドとの国境地帯。砂塵舞う僻地に生きる患者や回復者の窮状にレンズを向けました。

  • vol.3 唯一の未制圧国ブラジルの叫び

    ハンセン病の「制圧」とは、人口1万人あたり患者数を1人未満にすることです。WHOがこの目標を掲げてから、世界ほぼ全ての国でハンセン病の制圧が達成されました。しかしブラジルだけが、今もこの目標を達成できずにいます。発展を続ける大国にもかかわらず、なぜブラジルは...

  • vol.4 インド
    回復者の心に火を灯せ!

    世界一のハンセン病大国、インド。新規患者は年間13万人、回復者は1,200万人。その多くが一般社会から排除され、回復者だけが住むコロニーで支え合いながら生きています。閉ざされた世界で、彼らはどのような思いで暮らしているのでしょう。デリーにある、インド最大のコロニーに...

  • vol.5 ルーマニア
    地図から消された故郷への想い

    ルーマニアではこの20年間、ハンセン病を発症した人は一人もいません。人々の間では過去の病気として認識され、病気そのものを知らない人も少なくありません。しかし現状とは裏腹に、陽の当たらない場所で、長年差別に苦しむ回復者たちがこの国には存在していました。ルーマニア...

  • vol.6 今、日本でハンセン病を考えること

    日本の国立ハンセン病療養所で暮らす回復者は1718人。平均年齢は83.9歳。年々その数は減り、悲劇の歴史が忘れ去られつつあります。そんな日本で、ハンセン病への正しい理解を広めるイベント「グローバル・アピール2015」が開催されました。“今、日本でハンセン病を考える...

  • vol.7 もうひとつの現場、
    外交都市ジュネーヴ

    50年に渡り、約70か国のハンセン病の専門病院や療養所を訪ね歩いたWHOハンセン病制圧大使の笹川陽平さん。笹川さんには毎年通う“もうひとつの現場”があります。それは、数多くの国際機関が集まるスイス・ジュネーヴ。世界各国の保健大臣やWHO関係者が集まる外交都市で...

  • vol.8 ポルトガル・スペイン
    つなげ!療養所に生きた先人の魂

    ハンセン病の新規患者がほとんど出なくなった、ポルトガルとスペイン。回復者の高齢化は進み、その数は年々減少の一途をたどっています。ハンセン病が風化しつつある今、両国では療養所が新たな役割を担い始めました。ポルトガルとスペインに残る、それぞれのハンセン病療養所に...

  • vol.9 モロッコ
    制圧、その光と影

    世界でも珍しい徹底した対策で患者数を激減することに成功したモロッコ。しかし患者の数が減ったからといって、社会からハンセン病への偏見や差別がなくなることはありませんでした。家族や周囲から疎外され、なす術もなく孤立を深める患者や回復者たち。モロッコのハンセン病制圧の...

  • vol.10 エチオピア
    それでも、自分の足で歩くために

    エチオピアのハンセン病回復者団体、ENAPAL(エナパル)。そのENAPALが今もっとも力を注ぐのが「マイクロクレジット(小口融資)」という就労支援への取り組みです。これにより、エチオピアでは回復者が仕事を持ち、社会復帰を果たす動きが高まっています。しかしその...

  • vol.11 インド前篇
    物乞い その現実を見つめて

    降り注ぐインドの強烈な日差し。手押し車に座った彼らとその間にさえぎるものは何もありません。患部が目立つ姿勢を作り「お父さん、お母さん、お金をください」と叫んで、他人に手を差し出し続けます。「物乞い」をすることでしか生きていけないインドの回復者たち。彼らは日々何を思い生きているのか。ハンセン病コロニーを3日間密着取材し、彼らの厳しい現実にレンズを向けました。

  • vol.12 インド後篇
    SILF 笑顔で生きる未来のために

    インドの回復者はこれまでの人生で得たものを全て捨て、社会の片隅で身を寄せ合って生きています。家族や故郷、学業や職業を失った彼らに残されたものは、物乞いをするだけの人生でした。笹川陽平さんと日本財団は、インドの回復者が物乞いをすることのなく生きていける社会を実現するために活動しています。その一つが、ササカワ・インド・ハンセン病財団(SILF)です。「物乞い」から、「働いて生きる」。新たな一歩を踏み出した回復者の姿にレンズを向けました。