ハンセン病制圧活動サイト Global Campaign for Leprosy Eliimination

THINK NOW ハンセン病 キャンペーン 2017 INDIA

一人でも多くの人がハンセン病への理解を深め、偏見や差別について
考える機会をつくるための運動、それが「THINK NOW ハンセン病」です。

ハンセン病は、既に治療法が確立され、早期治療すれば障害が残らず完全に治る病気です。
一方で、病気によって体に変形をもたらすことで何世紀にもわたり恐れられてきた歴史があり、
患者や回復者に対する偏見と差別の問題は根強く残ったままです。
こうした問題を解決するためには、世界中の人々に対して、
この病気についての知識を伝え、誤解を解くように呼びかける必要があります。

Topics about THINK LEPROSY NOW

previous
next

REPORTS

  • 〈世界ハンセン病デー特別企画〉
    〜明日に架ける橋〜

    世界ハンセン病デー(※毎年1月最終日曜日)にあたる1月29日(日)、早稲田大学大隈記念講堂で〈世界ハンセン病デー特別企画〉〜明日に架ける橋〜と題してシンポジウム、朗読劇「あん」などが開催されました。

  • 12回目の今年はインドから発信
    社会的烙印と差別をなくすために

    1月30日(月)、「世界ハンセン病の日」(毎年1月の最終日曜日)に合わせて、インドのデリーで、「ハンセン病に対するスティグマ(社会的烙印)と差別をなくすために」と題した「グローバル・アピール2017」(宣言文)が発表されました。

  • ハンセン病問題に関するシンポジウム
    (人権フォーラム2017 in 兵庫)

    2月4日(土)、神戸文化ホール・中ホールで「ハンセン病問題に関するシンポジウム(人権フォーラム2017 in 兵庫)」が開催されました。

  • 新宿紀伊国屋で
    「ハンセン病文学ビブリオバトル」が開催

    2017年2月26日(日)、紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペースで「ハンセン病文学ビブリオバトル」が開催されました。